返済を滞納したらどうなる?

支払期日に返済できなかったらどうなる?

即日融資を受けてそのときは助かったけれど、返済期日になってもお金が用意できなかったらどうなるのでしょうか。返済期日にお金が支払えなかった場合、返済の遅延となります。たとえ1日でも遅延すると、信用情報にその記録が残ります。著しく信用を落としますし、他社に借り入れを申し込むときの審査に通らない可能性もありますよ。消費者金融でキャッシングやカードローンを利用したら、必ず返済期日を守って遅延のないようにすることが大切です。
また、信用情報に遅延の事実が残るだけでなく、決まった期日をすぎると延滞損害金が課せられるので返済額が増えるので要注意ですよ。

返済できない場合はすぐに連絡を

遅れそうな時は焦らず相談するにゃ

猫の卓球 スピードのイメージ

しかし何らかの事情でどうしても返済できない場合は、なるべく早めに消費者金融会社に連絡をしましょう。アコムやプロミス、アイフル、モビットなど大手消費者金融は返済の相談にのってくれますから、そのまま放置せずに必ず相談してみてください。たとえば今月はピンチだけど、次の給料日には必ず返済するので待ってほしい、あるいは返済額を少なくして返済負担を軽くしたいなど、正直に事情を説明して相談すると、返済しやすいように対応してくれます。ただ長期間の遅延や、返済意志が感じられないなど、悪質な客と判断された場合は相談に応じてくれません。誠意をもって話し合うことが大切です。

余裕のある時は多めに返しましょう

私はまだ遅延をしたことがないのですが、遅延をしないコツは無理な返済を行わないことです。無理のない範囲で返済できるよう、借入額をなるべく少なくするよう心がけています。そしてピンチのときは設定額のみを返済し、財布に余裕がある場合は設定した返済額よりも多く返すようにしています。たとえば月々5,000円ずつ返済するのであれば、それほど負担になりませんよね。そして余裕がある月は2万円など多めに返すと、早めに返済できますよ。

即日融資ありの大手・中小企業のおすすめキャッシング比較一覧に戻る