無職への融資

無職でも借りられる?

消費者金融でお金を借りるための最低条件が、長期にわたる安定した収入と返済能力があることです。無職の場合は収入源がありませんよね。ですから原則として、お金を借りることはできません

特に消費者金融は、貸金業法に違反する貸し付けはできません。貸金業法では総量規制と呼ばれる制限が設けられており、個人への貸し付けは収入の3分の1までしか貸してはいけないと法律で決められています。このため申込時に年収を確認するための収入証明書を提出する必要があります。無職の場合は、年収証明書がない場合が一般的ですね。収入が証明できない人には、お金を貸すことができないので無職でキャッシングを利用するのは難しいと考えておきましょう。

無職でも即日融資が受けられる例外は・・・

例外で無職でも即日融資できる場合があるにゃ

猫と小鳥のイラスト

無職でも即日融資が受けられる例外として配偶者の年収を配慮した配偶者貸し付けや、個人年金の受給者への貸し付けなどが行われることがあります。自分は働いていないけれど夫に安定した収入がある場合や、毎月年金収入があるといった場合に貸し付けが行われることがあるのです。

しかし配偶者貸し付けを利用する場合は、配偶者の同意書や配偶者の収入証明書、住民票などさまざまな書類を用意しなければならないので、即日融資には対応していないのが一般的です。また年金受給者の場合も高齢者ということで返済能力があるかどうかが厳しく審査され、その日のうちに借りられる確率は低くなります。

金融業者の中には無職でもお金を貸しますというところもありますが、闇金の可能性が高いですから安易にお金を借りないようにしましょう。私は無職の状態でお金を申し込んだ経験はないのですが、まず無職では返済計画が立てられませんよね。返すアテがないのに借金を申し込むというのは、無謀です。無職でかつお金に困っているなら、親しい人や公的機関などに相談することをおすすめします。

即日融資ありの大手・中小企業のおすすめキャッシング比較一覧に戻る