収入証明書

消費者金融からの即日融資では収入証明書が必要

消費者金融から即日融資を受けるため申し込んだ時、免許証など本人確認ができる書類と、現在の収入が確認できる書類を用意しなければいけません。銀行のカードローンのなかには、200万円までなら収入証明書不要などといった商品がありますが、消費者金融の場合は収入証明書の提出が法律で義務付けられています

というのも消費者金融の場合、銀行などの金融機関とは異なり、貸金業法が適用されるからです。貸金業法で1社から50万円以上を借りる場合、または複数の貸金業者から100万円以上のお金を借りる場合は、収入を証明する書面を提出することと定められているのです。逆にいえば、借りる金額が50万以下の場合は、収入証明書は不要です。

収入証明書とは?

昔はファックスが必要だったけど、今は写メで送れるから便利だにゃ

猫のジャンプのイラスト

収入を証明できる書面には、次のようなものがあります。源泉徴収票、所得証明書類、給与の支払明細書、納税通知書、青色申告決算書、支払調書、確定申告書、青色申告決算書、収支内訳書、年金通知書、年金証書などです。

このなかから提出する書類は、会社によって異なりますが、主に源泉徴収票、給与明細書、市民税・県民税額決定通知書、所得証明書、確定申告書などを提出書類に指定している会社がほとんどです。もちろんいずれも最新のものが必要です。

提出方法は郵送、FAX、Webにアップロードする、店頭や自動契約機などに持参するなどの方法があります。ただ即日融資の場合は、郵送していたのでは間に合いませんよね。ファックスを持ってない人も多いと思いますので、アプリのカメラで撮って送るのが一番早い方法です。即日融資ではスピーディーに審査を受けることが何よりも大切です。収入証明書を用意するのに手間取って、その日のうちにお金が借りられないという事態になっては大変ですから、必要な書類を確認して不備がないようにしましょう。

即日融資ありの大手・中小企業のおすすめキャッシング比較一覧に戻る