総量規制

即日融資を受けるために確認!貸金業者に適用される総量規制

即日融資などを行う消費者金融は、貸金業者です。健全な貸し付け業務を行うために、貸金業法に則った経営を行わなければいけません。貸金業法では貸付金利の上限、他業種への参入規制などさまざまな決まりが設けられています。貸金業法が改正される以前は、高利でお金を貸す消費者金融が多く、多重債務者が増えて大きな社会問題となりました。このため政府は多重債務を防止するために、貸金業法を改正し規制を強化したのです。そのときに誕生したのが、総量規制です。

総量規制とは?

審査前に年収の1/3以上借りてないかチェックにゃ

猫のすましたイラスト

総量規制とは個人が多額の借金を抱えないために設けられた規制で、原則として年収の3分の1までしかお金が借りられない仕組みのことをいいます。年収が約300万円だと、消費者金融などの貸金業者からは100万円までしか借りられません。

ただし不動産を買うためや、家の改築など不動産に改良を行うための借り入れ、自動車を購入するときの自動車を担保とした借り入れ、高額療養費の借り入れ、有価証券や不動産を担保とした借り入れ、不動産を売却して返済する借り入れ、手形割引、投資向けの金融商品取引業者から500万円を超える借り入れなどは総量規制の対象外となります。

また総量規制の例外として、消費者が有利となる借り換えは認められています。このほかにも緊急の医療費や社会常識として緊急に必要と認められるもの、配偶者の年収と合わせた額の3分の1以下の借り入れ、個人事業者の借り入れ、金融機関から融資を受けるまでのつなぎ資金などは、年収の3分の1を超えていても認められる場合があります。

急に入院費が必要だったとき…

私は年収420万円なので140万円までしか借れません。しかし過去に140万円ギリギリまで借りていましたが、骨折をして入院しなければならなくなったので追加融資を申し入れたところ、30万円貸してくれました。このように例外として認められることもあります。

即日融資ありの大手・中小企業のおすすめキャッシング比較一覧に戻る